本文へ

車検予備検査、ユーザー車検の前には新潟陸運支局となりテスター場の信越工具へ。

信越工具 新潟運輸支局となり予備検査 テスター検査場

検査車輌測定

ユーザー車検!今、増えています。

ユーザー車検とは、ユーザー自らが運輸支局等に車両を持ち込んで車検を受けることです。実際に多くの方がこの方法で車検を行っています。

しかし、何も準備のないまま車検を受けても車検に落ちる場合があります。
そこで、車検に安全に受かる為に、車検前に「車検予備検査」を受けます。

当社では、認証工場・ユーザー車検代行業・一般ユーザー様の持ち込み車検の際だけでなく、鈑金業者様も事故修理後の安全点検としてご利用ください。新潟運輸支局となりにあり、お気軽にご相談ください。

認証工場様やディーラー様から
長年の信頼を得ています。

主要車検項目予備検査一式

  • スピードメーター(速度計)の誤差確認測定
  • ブレーキ(前・後輪)、サイドブレーキの制動力測定
  • 排気ガス(CO/HC)の測定
  • ヘッドライト(前照灯)の光度・光軸の測定と調整
  • サイドスリップ(車輪整列)の測定と調整
  • 下廻り、保安装置、灯火類などの目視点検

車検以外のご利用もできます。こんな時は・・・

ヘッドライトの光軸(焦点)調整

ヘッドライトは夜間の安全運転には大変に重要です。
夜間、運転をする際、対向車からパッシングされる、前が見にくいなどがありましたら、ライトの光軸・光度の測定をおすすめします。
上向き・下向きライトともに測定し調整することができます。
また、HIDバルブに取替えた後の光軸調整のご利用もおすすめします。

サイドスリップ調整

ハンドルをとられる、タイヤが片減りするなどがありましたら、サイドスリップ(トーイン/アウト)の測定をおすすめします。
車輪の横滑り量を少なくすることで、タイヤの片減りを防ぐことができ、ハンドルの傾きを修正することもできます。

補足内容として、

車検場の検査は検査時点で、保安基準に合致していれば合格です。これは、次の車検まで安心して車を使用出来る事ではありません。
ブレーキパット、エンジン各ベルト、オイルなど部品は日々消耗、劣化します。使用距離数に対比して点検、整備をすることが大切です。

当社では、認証工場・ユーザー車検代行業・一般ユーザー様の持ち込み車検の際だけでなく、鈑金業者様も事故修理後の安全点検としてご利用ください。

ユーザー車検・予備検査Q&A

車検とは違うのですが?

予備検査は、車検ではありません。車検を合格するための予備検査です。車検は公的機関で受けてください。

整備や車検代行もできますか?

整備や車検代行は行っておりません。故障箇所がある場合は、前もって整備工場で整備してからご来店ください。
また、整備工場をご紹介もいたしますのでスタッフへご相談ください。

車検で必要な書類は?

継続検査は、納税証明書・自賠責保険・車検証・諸費用。
中古新規は、旧所有者の印鑑証明・譲渡証明・車検証・新所有者の印鑑証明・車庫証明・委任状・印鑑。
書類の記入など、ご不明な点はスタッフへご相談ください。

自賠責保険に入れますか?

自賠責保険を扱っております。検査の間に手続きもできます。

TEL/FAX

ご予約・お問い合わせはお電話で

025-285-2050

車検予備検査
テスター検査場

■新潟運輸支局となり

会社案内

信越工具
〒950-0961 新潟市中央区東出来島14-24
TEL:025-285-2050
FAX:025-285-2050

Link

  • Ju新潟
  • アテンドパーク